ぎっくり腰






ぎっくり腰は腰回りの筋肉の疲労や急激な腰への

負荷が原因で起こると考えられています。


腰への負担が大きいこと、例えば同じ姿勢を

長時間続けていたり、姿勢が悪いなど、

腰に負担がかかることをしているとぎっくり腰の

原因になってしまいます。


ぎっくり腰にならないようにするためには、

日頃からストレッチをするなど腰回りの筋肉を

ほぐしてあげることや床などに手を伸ばす時は、

腰だけでなく膝も曲げてあげるなど、

腰に負担がかからないようにしましょう。



店舗情報